安岳石刻観光概況
  安岳、古くから優れる人材輩出な所。隋、唐、宋時期から、普州(安岳の古称)は有名な重鎮であり、文化的に、眉山の“三蘇”と名を並べ、“東は普(州)、西は眉(州)”という褒める言葉もある。境内の山々は長く伸び、川も各地にも流れ、肥えた畑は並べる。山と水の霊気も、林と谷の美しさも集まる。独特な地理状況によって、安岳は古くから魅力と霊気を生み出し、沢山の文人、勇士もここで生まれ育ててきた。
  安岳は四川盆地の中部に位置し、成経済区の中心部にもなる。国道319、省道206及び建設中の内(内江)資(資陽)遂(遂寧)高速道路、成(成都)安(安岳)渝(重慶)高速道路、計画中の綿(綿陽)遂(遂寧)内(内江)宜(宜賓)鉄道などは安岳境内に通過、成都から重慶、南充から瀘州、遂寧から内江の中点でもある。安岳の面積は2700平方キロ……  
の詳細>>
安岳の景勝地
華厳洞
孔雀洞
茗山寺
木門寺
の詳細>>
Copyright:四川安岳石刻AAAA景区|蜀ICP備05009627号|安岳石刻観光ホットライン:028-24536626